末期がんを免疫力で克服した体験記

【私のガン体験】免疫力を高めると共に、温めたり血行改善をした体験の記録です。驚くほど効果的でしたのでその理由と方法を書きました。

アガリクス・海精王いらぶ

2016/11/09

アガリクス

アガリクス茸は、もともとブラジルの奥地で、少数民族だけが秘かに常食しているキノコでした。

アガリクス茸

それが1960年代からの研究により、癌に効く免疫力を高める物質が高い含有率で含まれていることが発見され、日本の癌学会でも発表されて衝撃を与えました。

 

キノコにはもともと免疫力を高める多糖体が含まれていますが、特にアガリクス茸にはたっぷりと含まれています。

 

中でも活性β(ベータ)グルカンが多く含まれており、癌細胞の巣食う体内に、このβ−グルカンが入ると免疫細胞が活性化され、癌の進行を遅らせたり転移を防ぐという重要な働きをしてくれます。

 

またアガリクスには、癌退治の主役であるβ−グルカンのほかに、癌細胞の増殖を直接抑えるステロイド、発がん物質を吸着して対外に排出することが期待される食物繊維などが豊富に含まれており、どんな癌にもオールマイティな効力があるといえます。

 

他のキノコ類には対処できないとされている腹水ガン(癌細胞がバラバラの状態で腹腔の中に浮かんでいるようなガン)、胃がん、肺がん、癌象嵌、子宮がん、乳がんなど、あらゆるガンに対してアガリクスは効力を発揮することが臨床で確かめられています。

 

これらの知識を静岡大学名誉教授の水野卓先生の著書「食べて治す『がん』の特効薬」という本で得た私は、信頼できる商品をひとづてに探し、自分の信じられる乾燥アガリクスを飲みました。

アガリクス

免疫力を活性化させるキノコのチャンピオン。
免疫力や体力ががグッと落ちている方に、特におすすめします。

アガリクス

 

 

海精王いらぶ

沖縄のうみへび、いらぶを原料としています。

うみへびを丸ごと使用しているため、細胞の再生に必要な必須アミノ酸が高バランスですべて含まれています。

いらぶ

ラジウムグッズとの併用は特に効果的です。

私はラジウムグッズと「いらぶ」は同時に用い始めました。

お利口さん」や、「ラジウム温泉器」から出ているごく微量な放射線が、体内の深部を刺激します。
その刺激によって、細胞の再生が促されますが、その際に必要なのは、細胞の原材料となる栄養です。
材料がバランスよく揃わなければ、せっかくの新しい細胞ができないからです。

海精王伊良部

いらぶは沖縄の久高島だけで捕れる貴重なうみへびで、島の人達との特別な絆がなければ原料入手ができないそうです。
身体にスタミナをつけてくれる、たぐいまれな海の宝といえるでしょう。
記事のなかで、筆者が試したグッズをご紹介しておりますが、当サイトでは販売はしておりません。
購入を希望される方は、商品名をインターネットで検索してみてください。

 

当サイトの文章をまとめたPDFファイルを用意いたしました。

印刷をしていつでもすぐに読めるようにお手元に置いたり、家族会議の資料にしたり、ご活用いただければ幸いです。

ダウンロードをご希望の場合は、下のリンクをクリックしてください。

http://haigan-taiken.com/filedownload/