末期がんを免疫力で克服した体験記

【私のガン体験】免疫力を高めると共に、温めたり血行改善をした体験の記録です。驚くほど効果的でしたのでその理由と方法を書きました。

お利口さん(ラジウムパッド)

2016/11/09

ベッドで使える岩盤浴

■お利口さん

三朝温泉の岩盤を粒子状に砕いてゲル状物質に混入し、アクリル袋に入れたものです。
コンパクトな携帯型で体の下に敷いたり、上にのせて利用します。

岩盤浴の逆転の発想で、寝ている間に働いてくれる楽チン物です。

orikou380
(大)17.5cm×27.5cm×1.5cm, 650g
(小)16.5cm×25cm×1cm, 300g

 

私の末期肺ガンには病院のベッドで、体の下に敷き、もう一枚を肺の上に乗せました。

就寝するときは枕に乗せると気分が晴れやかになり、気持ち良く熟睡できました。

※お利口さんの「大」は下に敷くと苦しくなることもありますのでご注意ください。
夜中にバリン! バリン!と音が明瞭に伝わってきます。

これは閉塞している血管が開く音ではないかと言われていますが、検証している訳ではありません。

 

【お利口さんの作用】

黒鉱石から微量の放射線、γ線(ガンマー線)やβ線(ベータ線)が患部を通過し、体に良い様々な作用をします。

ピンポイントに作用しますので、疲労感が少なく、長時間の使用が可能です。

そして応用範囲が広いので工夫しながら、様々な場所にお使いできます。
作用の詳しくはこちらをご覧ください。

 

【猫背を正す】

ガン患者は猫背の方が多いので、姿勢を正すことが大切です。
お利口さんを曲がっている所に当ててると良いでしょう。

 

【全身に作用させる】

患部に当てると局部的に作用しますが、枕に乗せたり、骨盤や足裏に当てると全身に作用します。
気持ち良く感じる所を探し、当てるだけです。

 

【マイナスイオン効果】

粒子が細かく体の吸収率に優れたマイナスイオンを大量に発生します。
「お利口さん」周囲のイオン量は4500個/・もあり健康的な環境になります。

深呼吸をどうぞ‥‥
(東京丸の内は46個/・、軽井沢800個/・、別府温泉1200個/・)

家電製品のマイナスイオンは吹き出し口で測定するので数値は高いですが、室内ではグーンと低くなります。

 

このような方にお勧めです

各種のガン、骨盤矯正、背骨、顎の歪み矯正、腰痛、ヘルニア、婦人病各種、前立腺肥大、痔、不眠症、脳溢血のリハビリ、膝痛を始めとする関節痛、肩コリを始めとする筋肉痛、等々の難病に好評です。

 

■私の使い方

  • 患部や違和感のある体の下に敷いて寝ています。患部の上に乗せても使えます。
  • 苦痛になったら別のところに移動させます。2~3センチずつ移動しながら、体が心地よく感じる処を探します。
  • 枕に敷いて頭や頸を乗せて寝ると気分が晴々として熟睡できます。
    また、骨盤に敷いて寝ると、骨盤内が血行改善されて歪みが取れ、全身の緊張がほぐれます。
  • 枕元や身近に置くだけでも、マイナスイオンに包まれた健康な環境になります。
  • 椅子に座って足をのせると足裏のツボを刺激して全身の気の流れが良くなり鍼灸治療のような効果があります。
  • 患部が熱く感じることがありますが、本体からは熱は発していません。

 

■大、小の使い分け

大=体に乗せる、枕に敷く、足を乗せるのに好都合です。たっぷりの容量が入っています。

小=体に乗せる、体に敷く、椅子の背当てに敷くのに好都合です。

薄く軽いので携帯や取扱いが楽です。ご年輩の方、女性の方には使いやすい大きさです。

 

記事のなかで、筆者が試したグッズをご紹介しておりますが、当サイトでは販売はしておりません。
購入を希望される方は、商品名をインターネットで検索してみてください。

 

当サイトの文章をまとめたPDFファイルを用意いたしました。

印刷をしていつでもすぐに読めるようにお手元に置いたり、家族会議の資料にしたり、ご活用いただければ幸いです。

ダウンロードをご希望の場合は、下のリンクをクリックしてください。

http://haigan-taiken.com/filedownload/