末期がんを免疫力で克服した体験記

【私のガン体験】免疫力を高めると共に、温めたり血行改善をした体験の記録です。驚くほど効果的でしたのでその理由と方法を書きました。

参考にした図書

2016/11/09

■参考書籍一覧

私が入院中に買い集め、猛勉強をした本のリストです。
どうぞご参考にしてください。

病気にならない三大免疫力
安保 徹 著(新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)
安保徹の病気にならない三大免疫力 実業之日本社
定価1400円+税
ISBN978-4-408-61178-5平成19年刊行。この書では、体を温めることの大切さ、ラジウム温泉によるホルミシス効果による免疫回復について特に詳しく述べられています。
症状ごとに効果的な入浴法も詳しく書かれていておすすめです。

 

心のインターネットにアクセスしよう!
篠原 佳年(しのはら医院院長)
chiyuryoku 主婦の友社
定価1600円+税
ISBN4-07-220612-1病気を治すための、心の持ち方について書かれています。曰く、
「人間が生きていくうえで大切なことは、◎恐れないこと
◎今を生きること
◎どんなことでもチャレンジすること
◎あなたらしくすることこれに尽きます。

 

抗癌力 再発・転移を防ぐ免疫強化物質「アラビノキシラン」
帯津良一監修(帯津三敬病院院長・医学博士)
マンドゥ・ゴーナム著(UCLA/ドゥルー医科大学免疫学教授)
kouganryoku 主婦の友社
定価1500円+税
ISBN4-07-222120-1NK細胞がどのようにがん細胞を破壊するのかを、写真入りで詳しく解説しています。食材は癌の原因じゃないという研究結果も。そしてはやり、本人の心の状態が結果に大きな違いをもたらすことが述べられています。今では絶版になってしまったようなので、入手時には古本も検索してください。

 

免疫革命
安保 徹 著(新潟大学大学院医学部教授)
menekikakumei 講談社インターナショナル
定価1600円+税
ISBN4-7700-2517-3言わずと知れた、安保徹先生による平成15年刊行の書です。安保先生は本を沢山出していますので、どれか1冊は読むとよいと思います。この本ではガンとストレスの関係、発がんのメカニズム、笑いの効能(がんは笑って治そう)などの内容が詳しく解説されています。

 

医者知らず・薬いらずで、病気は必ず治る
石原式養生法決定版!

石原 結實 著(医学博士・イシハラクリニック院長)
kanarazunaoru 海竜社
定価1400円+税
ISBN4-7593-0756-7頭痛、肩こり、神経症、リウマチ。腰痛、腹痛、ゲル、二日酔い、異型狭心症、水てんかん。風邪、気管支炎、扁桃腺炎、胆のう炎、膀胱炎、腎盂腎炎、胃炎、胃潰瘍、胃がん、肝臓病(肝炎、脂肪肝、肝硬変)皮膚炎、子宮内膜症、卵巣炎、膣炎、子宮頸管円、腎炎、腫瘍(癌・肉腫)、肥満、糖尿病、脂肪肝、胆石、痛風、動脈硬化症、高血圧、脳血栓、心筋梗塞、心不全(むくみ)、痔核、アレルギー、自己免疫性疾患・・・病院へ行っても治らない、これだけの病気への対処法を1冊で語っています。しかも食事や水分の摂り方、入浴の仕方、気の持ちようなど、生活の中でできることしか書かれていません。病気は自分で治す!という気持ちにさせてくれる本です。

 

体を温めると病気は必ず治る
クスリをいっさい使わない 最善の内臓強化法

石原 結實 著(医学博士・イシハラクリニック院長)
atatame 三笠書房
定価1300円+税
ISBN4-8379-2017-9体を温めることの効能が詳しく書かれています。石原先生の本はたくさんありますので、どれか1冊読むことをおすすめします。

 

食べて治す 「がん」の特効薬
発がん・再発をおさえる“βグルカン”の秘密

水野 卓 著(静岡大学名誉教授・農学博士)
tokkousyoku 青春出版社
定価1800円+税
ISBN4-413-01658-0アガリクスの驚くべき力について、大変詳しく研究してあります。抗がん剤とアガリクスを併用することによって、抗がん剤の効果が著しく増強されることが明らかになったと述べられています。その他花粉症、アトピー、膠原病にも効いたという症例が紹介されています。

 

大自然のしくみ 放射線ホルミシスの話
藤野 薫 編著
horumisisu せせらぎ出版
定価1200円(本体1143円+税)
ISBN978-4-88416-133-0ホルミシスという言葉が気になった方にはおすすめの書です。この本では低量放射線によるホルミシスは、わかりやすく塩に例えられています。多量の塩を一度に摂ると人は病気になってしまうが、毎日少しずつ摂る塩は欠かせないものです。
天然の低量放射線を毎日すこしずつ浴びることは、生物としての人間にとって、必須だということ書かれています。またラジウム温泉のような微弱な放射線が生活習慣病をはじめとするさまざまな難病に効果があり、21世紀の医学の革命として、放射線ホルミシス療法を紹介しています。