【がんブログ】ホルミシスで末期がんをやっつけた物語

余命宣告から完治までの、1か月間に実行したことを無料公開しています。体を芯から温めて、心を落ち着かせると自然治癒力が高まりました。栄養と休養も大事です。

はじめに

途方に暮れるガン患者に、励ましは辛いです。同情は悲しいです。

大切なことは【希望の光】を灯すことです。

 

私はかつて余命1年と宣告されました。

ショックで頭が混乱していましたが、これまでの病気を自分で治してきた経験を思いだし、

自分で治そうと決心しました。

 

これまでの「免疫療法」を「東洋医学」から見直すと、不足してることが多々あり確実性に欠けると思いました。

資料や本を読みまくり、いかに免疫力を上げて、キラー細胞が癌をやっつけるのか、おおよその仕組みを理解すると、即実行にかかりました。

そして勉強した方法で体を温めたり、患部の血行改善をすることで、免疫力を最大限に引き出すことに成功しました。

 

私達は誰でも病気を治す凄い力を持って生まれてきました。

眠っているこの力を呼び覚し、活かすのです。

 

そして、免疫力には薬害も副作用もなく、体にやさしく楽チンです。

では、恥ずかしながら、私のガン体験の物語をおききください。

 

ガン体験

ある年の6月、体調の悪い日が2ヶ月も続いたので病院を訪ねると、肺ガンの疑いがあるので、即入院して精密検査をするようにと言われました。

「 ガンでもないのに緊急入院とは‥‥」

と抵抗しましたが、検査入院と聞き、疲れていた私は仕事を忘れ自分の事だけ好きなことが出来そうなので、<休暇>と思い直すと嬉しくなりました。

CT、細胞培養検査などの検査が進み、入院5日目に、肺ガンであると告げられました。

 

しかも余命1年の手の付けられない末期肺ガンとのことでした。

 

ガ~ン!!!

 

右肺から食道、リンパ節に転移してステージ3B、手術ができないとのことです。

 

頭の中が真っ白になり、現実を認めたくないのか目はうつろ、足はフワフワしています。

なにかの間違いだと言ってほしくて病院ウラ情報に詳しい知人に連絡すると

「かなりの確率で当たりますよ、甘く見ないでください。」

 

・・・その時の気持ちは複雑で不思議なものでした。

 

「先生よろしくお願いします」と言って治療を受けても、1年で死ぬのです。

治療に手を尽くしても、死んじゃうのです。

 

ガ~ン!!!

 

ガンを治せない現代医療に頼る前に、自然治癒力で治そうと決心するのに、時間はかからなかった。

先のことはわからないが、試すだけ試そうと思った。

 

私はこれまですべての病気を「東洋医学」と「民間療法」で治してきたので、肺ガンにも応用しようと決めた。

私の作戦はいくつかの民間療法を1ヶ月試し、病院で結果を検査してもらう。

 

今までの経験から効果のあるものは効きが速いので、1ヶ月で変化がなければ別の方法を試す。

これなら死ぬまでに何回か試せるので、どれか正解があるだろうと考えた。

結果を正確に知る方法として、病院に居残る事にした。(先生ゴメンナサイ)

 

こんな調子で入院生活を始めたが、検査の合間に本屋を廻り、一抱えの参考書をベッドに持ち込み知識を仕入れ、計画をたてた。

キラリと光る本を見つけることができたのはラッキーだった。

マンドゥ・ゴーナム博士の本で、免疫力の最新の研究成果が載っている。

また、免疫力はこころの状態にリンクして活性化すると書いてある。

 

よし、これで治すぞ!と思うとワクワクしてきた。

kanjya1

 

私は免疫力を信じ、副作用の多い治療を最後の手段と考え、引き延ばし作戦を実行しました。

その間にガンを叩ける体になるよう努めました。

 

入院中、半分は家に帰った悪い患者ですが「1年で死ぬんだから(とは言わないが)」

検査入院なので先生も外出を大目に見てくれました。

家の風呂を温泉のようにしたので、病院を抜け出し帰宅し、風呂上がりに一杯やるのがひそかな楽しみでした。

半月が過ぎると食欲旺盛になり、背筋が伸び、体が充実してくるのを感じていました。

 

この体ならガンを自然消滅できると、自信のようなものを持てたのです。

 

入院して25日目頃、ドクターから今後どうするのかお話があったので、2度目の内視鏡検査と生検をお願いし予約を入れ、4日後と決まった。

あんな苦しい検査を、よく2回もする気になりましたね、と言う声もあったが「もしかして」の気持ちには変えられない。

そしてその結果は・・・・

 

な、なんと、ガンが消失していた!!!

1

これには私も医者も家族もビックリです。(ヤッター!やるときゃやるもんだ!!)

1回目のトライで大成功とは、免疫力の強さと、反応の早さに改めて驚きました。

そして勉強した資料を市民病院に寄贈し、晴れて退院の運びとなりました。

 

ウッソ~!?

 

とお思いでしょうが、

余命1年と言うのは、病院治療を受けると副作用で免疫力が低下するため、転移、再発を前提に予測したものです。

治療を繰り返す内に体力を消耗して、ガンに負けるのです。

奇跡の生還をした人は、転移、再発を自分の免疫力で断ち切った人です。

これを防げばガンは一過性の病気に過ぎず、怖い病気ではありません。

次の章で、私のとった作戦を詳しく述べます。